転機の30代

転機の30代

美容師の中でも独立を考えるのは主に男性美容師の様です。このままやとわれ美容師でいただけでは十分な収入は得られない、という事と、やはり男性的な夢と言うか自分自身の店を持つ、という事は男性にとっては憧れでしょう。そういう事を考える年齢と言うのが30代の様です。美容師にとって30歳と言うのは、一つの分かれ目を迎える年の様なんですね。単なる雇われの美容師としてこのままの条件で働き続けるか、もしくは後進の指導を担当するぐらいのポジションに後退して、表向きは若い美容師たちに任せるか、マネジメントを担当するか…など考える道は様々な様ですが、ただやとわれの美容師として現場で働く、というのはなかなか難しくなるようなんですね。若い美容師たちはどんどんと成長してきて、なかなか30代の美容師のいる場所ではなくなってしまうんですね。美容室にとってもそこそこ腕があるならば、長く働いているだかの美容師に給料を払うぐらいなら、それよりも安い給料で雇う事が出来る若手の美容師をとった方が良い、と判断されるケースも多いようです。つまり男性美容師にとっては、30代でどのように進むべき道を定めるか、そしてそのために以前からどのような準備をしてきたか、という事が将来を左右する様なんですね。20代後半から30代の美容師が、将来的にもこの業界で生きていくかどうか、という事を考えるうえで、ひとつの選択肢として「独立する」という方法があります。つまりやとわれているお店を辞めて、自分のお店を持つ、という事です。そうすれば自分で美容室を経営するわけですから、自分自身はお店のことで振り回される事は少なくなりますし、もしもその経営が安定すれば雇われていた時よりも多くの収入を得る事が可能になります。そして誰もがこの「独立」と言う事を一度は考えると言われています。ですがこの独立する、という事はそう簡単な事ではありません。賢い美容師ならば美容師になった時からこの独立を考えています。なぜなら独立するのはお金さえあれば出来るかもしれませんが、独立してその経営を維持していくには、自分の美容師としての人気や手腕も問われますが、経営力も問われる事だからです。つまり美容師としての技量だけではなく経営能力を身に付けなくては独立しても失敗する可能性が高いんですね。だから簡単に独立する、といっても、今日考えて明日から実行できる、というものではありません。当然早くから虎視眈々と独立する準備をしていた人だけが、実際に独立する事が出来ますし、その先の成功も見えてくるのです。三軒茶屋 美容室