落ち着かない

落ち着かない

ガラス張りの美容室が流行ったのは、一見ガラス張り、となるととてもお洒落に見えますよね。美容室=オシャレ、という図式が誰の頭の中にもあるので、ガラス張りの美容室を見ると、なんておしゃれなんだろう!私もあんな美容室へ行きたい!と思う人はおおかったのだと思います。そして実際にその美容室へ行けば、自分はとてもお洒落な美容室へきているんだ、という満足感が得られたのだと思います。ですがそういったガラス張りのブームはあっという間に去って行ったように思います。おそらくそれは、段々とお客さんから敬遠される様人って来たからだと思うのです。なぜ敬遠するようになったのか、というと実際にガラス張りの美容室を体験してみると、かなり落ち着かない感じだったのではないでしょうか。良く考えてみたらそれも当然の結果で、濡れた髪をしてケープを着せられて座っている姿など、人に見られたいものではありません。通りを行く人たちを眺めるだけなら良いのですが、逆チラチラ見られている感覚はかなり落ち着かないものだったのではないでしょうか。人目を気にしながら髪を整えてもらう、というのはせっかくゆったりとした気分で美容室で過ごしたい、と思っている人にとっては不評だったのかもしれません。

 

ガラス張り

 

みなさんは、「美容室の外観」と言われたらどの様なイメージを抱くでしょうか?かつて良く見た美容室のイメージは、通りに面している所がガラス張りになっていて、外を歩く人が中の様子を垣間見ることができるような外観が多かったような気がしますね。それが美容室のイメージとピッタリの「オシャレなイメージ」だったのかもしれません。そういった美容室が流行ったのは、お店側の「中の様子を見せる」と言う意図があったのかもしれません。ガラス張りにしていてお客さんがケープをかけられた状態で座っている様子が通りから垣間見ることが出来れば、そこが美容室であることは一目瞭然です。つまりそういったガラス張りにする事で宣伝効果があった、ともいえるでしょう。そして逆にお客さん側の意識として、「美容室に通っている自分はちょっとオシャレに気を使っている素敵な女性」というような、美容室に来ている事を自慢したくなるような感覚があったのではないでしょうか。ケープを掛けられて髪が濡れている状態で椅子に座っている様子、というのは一般的にはそんなにきれいでもカッコよいものでもありません。ですがその場所が美容室であるからこそ、今まさに自分はきれいになろうとしているのだ、という意識があり、そんな姿をさらす事も抵抗が無かったのかもしれません。

 

PICKUP !!

美容室で働きたい主婦必見
柏駅 美容室 求人 主婦
正社員雇用の美容室はここ
武蔵浦和駅 美容室 求人 正社員
美容室でアルバイトするなら篠崎駅がアツい
篠崎駅 美容室 求人 アルバイト