ナチュラルメイク=時短メイクではない!意外と丁寧な仕込みが必要なメイク法

ナチュラルメイク=時短メイクではない!意外と丁寧な仕込みが必要なメイク法

女性はメイクに時間をかけるという人も多いでしょう。

 

最近はナチュラルメイクの方がモテるという認識が広まってきているため、すっぴん風メイクを試される女性も多いはずです。
しかし、実はスッピン風メイクをするのは、厚化粧をするよりも難しいものです。
濃いメイクをするよりも時間がかかってしまうこともあります。
それだけ丹念にメイクする必要があり、スッピン風メイクだからといって時間が短くて済むというわけではないのです。

 

今回は、ナチュラルメイクの中でも難しい目元のメイクのコツをご紹介します。
スッピン風メイクでも、アイメイクをするのはおすすめです。
アイメイクをしつつ、自然な印象にするにはどうしたらいいのでしょうか?

 

○女性が最も手をかけるアイメイク〜デカ目に見せる裏技

 

女性は目元を大きく見せるためにも、デカ目に見せようとしてメイクを頑張る人も多いのではないでしょうか?

 

しかし、ラインを濃く入れなくても、目元をうまく強調できる方法があります。それは、目の縦幅のラインを強調する方法です。

 

アイシャドウは目の形に沿って丸く入れているという人もいるでしょうが、実は、縦長にシャドウを入れた方が目元は大きく見えます。

 

また、アイラインはいつもよりも長めに引きましょう。
この2つを実践するだけでも、小顔効果まで出せるでしょう。

 

○ハイライトの光によって立体感を出す

 

顔に立体感がないと、ノッペラ〜とした顔に見えてしまい、平坦で大きく見えてしまいます。
ハイライトを適度にいれると顔に立体感が出て、美人度もグンと高まり、小顔効果も出せます。

 

メイクをやり過ぎている感じには見られたくないものの、手抜きしているように見られたくない、といった女性は、最近増えていますよね。
ナチュラルに見せるメイクこそが、実はとても難しいのです。

 

メイクした顔が綺麗よりも、スッピンが綺麗な方が好感度は高いでしょう。
といっても、ナチュラルな美人に見せる方法がうまくいかない、ナチュラルメイクのやり方がわからないといった方も多いでしょう。

 

顔にコンプレックスの多い女性ほど、メイクでカバーしようとしてコテコテにしてしまいがちですが、実はこれって逆効果。

 

印象が悪くなってしまう上、時間がたつと共に化粧も崩れやすくなってしまいます。

 

本来の自分の美しさをカバーしてしまう厚化粧はおすすめできません。
自分の本来の美しさを生かして、ナチュラルに仕上げましょう。
ナチュラルであれば、食事しても時間がたっても化粧崩れを気にせず、また、自然に笑えるようになります。

 

○ナチュラルメイクのコツ「アピールしたいところを1つに絞る」

 

顔の全てを強調したフルメイクは、トゥーマッチでくどい印象になりがちです。
ナチュラルメイクにこだわるのであれば、自分が強調したいチャームポイントだけに力を入れましょう。

 

あとは薄めにします。

 

例えば、チークの印象を強くしたいのであれば、目元やリップは薄めにするのがいいです。
目をアピールしたいなら、眉やチークには薄めのカラーをチョイスして、目元にカラーを置きましょう。

 

リップにフォーカスするなら、アイメイクを薄くするといった具合にしていきます。

 

新小岩 業務委託 美容室 求人