考え方の違い

考え方の違い

外国人のお客様に接する場合、言葉が通じれば問題ない、というだけでは済まない場合があります。よく中国人の爆買いの仕方を見ていて、日本人ならこんな事はしないのに、と思うシーンが良くあると思います。ですが彼らは自国のやり方で振る舞っているだけであり、悪意が無い場合が殆どです。郷に入れば郷に…と言いますが、そうはいってもなかなかすべての日本人の全てのやり方をマスターする、というのは難しいでしょう。ついつい自国での振る舞をしてしまう、とか、まったく疑問に思わずにやってしまう、というような事は当然起こります。特に中国の方々はいわゆる「面子」を大切にする、と言われています。ひとの前で注意される、等と言う事は、辱めを受けているのに等しいぐらいの感情を持つようです。「お客様申し訳ありませんが…」と丁重に対応していると思っていても、激怒されるケースもあるようです。それは日本人と中国人とのそもそもの考え方の違いが根底にあるからでしょう。そういうトラブルはおそらく度々起こると予想されます。其の国の人々の考え方、振る舞いかたもよく知っておくことが必要になりますね。日本の美容室が人気なのはその「おもてなし精神」のゆえでしょう。そうであるならば、各諸外国の人たちの考え方や振る舞いも、きちんと承知したうえでもてなす事が必要かもしれません。美容師が手荒れに悩む場合、その解決方法として手袋の着用、という対処法がありますが、酷い手荒れに悩む場合には、それでも完治させることや完全に防御する事は難しい、と言われています。実際に手袋を着用したからといって一滴の水も入らない、という状況を作り出す事は不可能な様ですし、実際に手袋をしても「まあマシになった」と言う程度しか、その効果を感じられない、という美容師も多いようです。つまり残念な事に手袋を着用する、という事は手荒れを直そうとしている美容師にとっても完璧な策ではありませんし、手袋を着用した上程で施術を受けるお客さんからもあまり歓迎される状況ではない、という事が言えるのかもしれません。それでは手荒れをしてしまう美容師にとっては成す術がないのか?と言う事になってしまいますが、もちろんそうとは言い切れません。きちんと良い医者に診てもらって治療を続けながら最大限の防御策として手袋を着用すれば、出来る限り仕事を続けることはk脳になるかもしれません。手荒れをする事で美容師の道を離れてしまう、という人は、結局のところそこまでする事が辛すぎる、と感じて退職していくのかもしれません。それでも自分は美容師としてやっていきたい、と思う人でなければ、続けていく事は難しいのかもしれません。厳しい業界ですよね。小岩 美容院