意外と知らない!紫外線が与える頭皮へのダメージ

意外と知らない!紫外線が与える頭皮へのダメージ

いくつになっても美しい髪を保ちたいですよね。それには頭皮からのケアが大切です。
髪や頭皮は、外に出ただけでもダメージを受けています。
それは、「紫外線」の影響です。
意識していない人も多いですが、意外と紫外線が頭皮や髪に与える影響は大きいです。
正しくヘアケアや対策をしていないと、白髪や薄毛、枝毛、乾燥した髪の毛を招いてしまいます。

 

○紫外線が頭皮を老化させる?

 

紫外線が肌の奥まで入りこんでしまうと、少しずつ細胞を壊してしまいます。
これは実年齢とは関係なく、老化現象を引き起こしてしまうのです。紫外線が肌のシミの原因になってしまうのは、もうご存じの方も多いでしょう。

 

日焼け止めを塗って対策している人も多いです。しかし、実はお肌よりも紫外線を浴びてダメージを受けやすいのが、「頭皮」だったのです。
紫外線を多く受けた頭皮は、光老化といって、老化していってしまいます。

 

○頭皮が老化すると髪の毛に悪影響が…!

 

紫外線ダメージを受けてしまった頭皮は、毛髪の内部のメラニンを分解してしまい、健康な髪だとしても、赤茶けた色にしていきます。
光の加減によっては、白っぽく見えてしまうこともあるでしょう。
そして老けた印象や、不清潔な印象を与えてしまうのです。
この影響は、髪の内部にまで及んでいき、白髪や薄毛の原因になってしまいます。
枝毛や切れ毛といった現象も起きやすいでしょう。

 

○日傘や紫外線よけスプレーで対策を

 

紫外線が強い時は、日傘をさして紫外線カットしましょう。
最近では紫外線よけのためのスプレーも売られているため、こちらを利用してみるのもいいでしょう。

 

夏は肌が疲れやすい時期でもあります。
といっても、肌が疲れていることに自覚できない場合もあるでしょう。
しかし、少し注意していれば、肌が夏の疲れのサインを出している事に気づくでしょう。

 

○こんな時、肌が疲れているサイン!

 

・ローションがなかなか浸透していかない

 

肌馴染みのいいローションを使っていて、いつもはグングン吸収してくれるのに、最近は全然浸透していかない…といった時、肌が疲れている場合があります。

 

お肌が疲れてしまうと、化粧水やローションなどの吸収率も落ちてしまいます。
それは不要な角質がお肌に残ってしまい、角質がお肌に残っているからです。夏の疲れでターンオーバーが遅れてしまうことによって、さらに角質は厚くなっていき、美容クリームやローションの吸収率も悪くなってしまうでしょう。

 

また、肌が疲れてきてしまうと、肌の内部のターンオーバーが遅れてしまうことにより、さらに角質肥厚が大きくなってしまいます。
これによって、ローションやクリームの浸透が阻害されてしまうことも出てくるでしょう。

 

○ローションの付け方を変えてみましょう

 

不要な角質は水分も油分も失われてしまい、ゴワゴワに固くなってしまいます。
角質を取り除こうとしてピーリングでケアするのではなく、まずはローションを浸透させるためにも、手で押さえつけていくようなケアをしていきましょう。
5秒ほど、手で押さえつけるように包み込んでいきます。
さらに一度でローションを浸透させようとするのではなく、数回に分けて、少しずつ浸透させていきます。

 

もしもハンドプレスでも化粧水の浸透率が実感できない場合は、電子レンジで温めたタオルなどで、顔を包みこんで角質を優しくほぐしていくのがおすすめです。

 

美容室 新小岩 アルバイト 求人