ヘアケア剤を勧められる

ヘアケア剤を勧められる

美容室でシャンプーをされていると、美容室で使われているシャンプーの香りの良さにうっとりすることってありませんか?そう言うときについ「このシャンプー、香りが良いですね」なんて口にしてしまったら、そこからやたらとその製品の購入を美容師が勧めてきて、買うつもりは全くなかったのに買う羽目になってしまった、という経験はありませんか?確かに美容室で使われているヘアケア剤と言うのは質が良いのか、香りがとても優しくて、自分が普段使っているものとは違うな、という印象を持つでしょう。ですが実際問題として、美容室で使われている類のヘアケア剤は値段が高いものが殆どです。美容室に来ているだけでその日は出費が多い訳ですから、その上高いヘアケア剤を購入するのは、予定外の出費になってしまうので躊躇してしまいますよね。ですがシャンプー中にやたらとその製品を勧められると、なんとなくこちらは動きが取れないので言われるままに返事をしてしまいがちです。顔に何かを掛けられている事が殆どなのでこちらの表情は美容師には伝わらない事が殆どですから、本当は嫌なんだけどな…というような表情も伝える事が出来ません。「はい、はい…」と返事をしているうちに、購入する事になってしまっていた、という事にならないようにしなくてはいけませんね。なぜ花粉は私達の衣服にそんなに付着してしまうのでしょうか。一つの原因は静電気です。ですから静電気が起きにくい髪の毛にしておけば花粉の付着量も減ると考えられます。その対策の一つがトリートメントやマニキュアです。なぜトリートメントやヘアマニキュアが効果的なのか、というと、そもそもトリートメントやヘアマニキュアは髪の保湿に役立っています。静電気が起きるのは乾燥した環境で起きやすいので、保湿する事で乾燥を防ぐことが出来ます。そしてその環境では静電気が発生しにくくなります。またたとえ付着したとしても花粉が落ちやすい髪の毛の状態を作ってくれます。特にヘアマニキュアは髪の毛の表面をコーティングしてくれるので、ヘアマニキュアを施した髪の毛には花粉が付きにくくなります。ですから花粉症の人は花粉の季節に合わせてトリートメントやヘアマニキュアをしてみるとよいと思われます。美容師の皆さんもその効果を知っているはずなので、いつも花粉症に悩まされている事を相談して、そのような対策を取るとよいですね。特にロングヘアの人は髪の量が多い分、付着する花粉量は増えます。ヘアマニキュアなどで花粉をブロックしておくことは、その年の花粉シーズンを少しでも快適に過ごす事が出来るかどうかを左右すると思われます。竹ノ塚 美容院