ダイエット中にサンドイッチを食べるなら選び方に注意!サンドイッチをダイエットに生かす方法

ダイエット中にサンドイッチを食べるなら選び方に注意!サンドイッチをダイエットに生かす方法

具がたっぷり入っていて様々なバリエーションが楽しめるサンドイッチ。

 

手軽に食べられるので、パン食派の人は、ダイエット中でも選ぶことが多いのでは?
そんなサンドイッチですが、ヘルシーなサンドイッチもあれば、油っぽいものもありますよね。
そもそも、ダイエット中にサンドイッチを食べるのはありなのでしょうか?

 

○ダイエット中はサンドイッチの選び方に注意する

 

結論から言うと、ダイエット中にもサンドイッチを食べてもOKです。ただし、選び方や食べ方に気を付ける必要があります。

 

具材によってもカロリーや脂質が変わってきますし、中に入っている具はバランスがいいかどうかも見極めポイントです。

 

また、サンドイッチをおやつに食べるのはおすすめできません。

 

サンドイッチのパンがどんなに薄めで、野菜などの具材が多めでも、パン食ということで、炭水化物には変わりありません。

 

そのため、おやつとして食べていると、太ってしまうリスクもあります。
食べるなら、ちゃんとした食事として食べましょう。

 

○揚げものが入ったもの、マヨネーズを使ったものは避ける

 

サンドイッチのバリエーションは本当の豊富です。

 

中にはカツサンドなど、揚げものをトッピングしたものもありますよね。
また、ポテトサラダはマヨネーズを使っているため、脂質やカロリーも高くなりがちです。このように、明らかに油脂を多く使っていそうなサンドイッチは、ダイエット中にはおすすめできないため、避けましょう。

 

おすすめは野菜や卵を使ったサンドイッチです。サンドイッチだけではお腹がすくという場合には、スープやサラダを別途組み合わせて、バランスの良い食事にしましょう。

 

ダイエット中だけれどパンが大好きだから、どうしても菓子パンや総菜パンに手が伸びてしまう!といった人も多いのでは?

 

コンビニでもたくさんアレンジされたパンが売っていますよね。
パンはご飯のように家で焚く必要がなく、食パンであればトーストしてすぐに食べられます。

 

手軽だからこそ、ダイエット中もついカロリーの高いパンを選んで食べていた…ということもあるのでは?

 

パンが悪いというわけではないですが、ダイエット中は栄養バランスも大切です。
そこで、パンを食べるならサンドイッチがおすすめです。

 

菓子パンなどと比べると糖質も低いですし、具材を選べば、野菜やたんぱく質なども、一度にとることができて栄養バランスが豊富です。

 

おやつとして食べてしまうと炭水化物なので太る原因になってしまいますが、ちゃんと食事としてサンドイッチを食べる分にはいいでしょう。

 

ここでは、サンドイッチをダイエット中に食べるなら、こんなものにした方がいいという選び方をご紹介していきます。

 

○野菜とたんぱく質が入ったサンドイッチを選ぶ

 

ダイエット中は、野菜も大事ですが、たんぱく質も同じくらい必要です。
野菜だけが入ったサンドイッチの方が低カロでいいと思ってしまいがちですが、たんぱく質も一緒に入っているサンドイッチの方が、栄養バランスがとれています。

 

野菜の他、卵やハムなどのたんぱく質の入ったサンドイッチを選ぶことによって、腹もちもよくなります。

 

○全粒粉やライ麦で作られたサンドイッチを選ぶ

 

サンドイッチは、普通の白い食パンをカットして作られたものも多いですが、選べば全粒粉やライ麦など、黒っぽいパンを使ったサンドイッチもあります。
ダイエット中に食べるなら、このようなハード系のパンではさまれたサンドイッチを選びましょう。なぜなら、ライ麦や全粒粉のパンは、食物繊維が豊富だからです。
白いパンと比較してみると、血糖値の上昇をゆるやかにしてくれて、便秘の改善にもなるでしょう。

 

新小岩 正社員 美容室 求人