美容室のホームページのイメージ

美容室のホームページのイメージ

何もない状態から美容室のホームページの作成を任されたとします。だいたい美容室のホームページのイメージと言うのは、どのようなものでしょうか。もっと言えば美容室のイメージと言うのはどのようなものか、と言うと大抵の人は「オシャレ」「センスが良い」などと言う答えを持つと思われます。ですから美容室のホームページを作成する時に、自分で作るにしても、政策をお願いするにしても「オシャレに」という注文を付ける事が多いのではないでしょうか。つまり「デザイン」にこだわる訳です。パッと開いた時に「あ、オシャレなページだ!」と言う印象にしたいと希望する経営者が多いのではないでしょうか。もちろんその美容室のイメージと言う物もあるでしょう。ですがその美容室のイメージそのものが「スタイリッシュ」とか「ナチュラル」とかと言った「オシャレだな」と感じるイメージを持っている訳です。ですが確かにお店の外観や内装と言うのは経営者の想いを表現化したオシャレなものであって構いませんし、むしろそうであるべきなのですが、それがホームページにまでリンクしている必要性はどの程度あるのかな?と振り返ってみる事も必要かもしれません。確かにホームページは事前にお客様がそのお店の情報を得るために使用するものですからお店のイメージとのリンクは大切です。ですがそれだけでは足りない事も有るように思います。美容師と言う職業に限った事ではないですが、仕事において手荒れに悩まされている人は少なくないと思われます。美容師にとっての手荒れというのは、美容師としてやっていくにはあまりに大きいハンデを抱えている、と言わざるを得ないでしょう。どうして美容師に手荒れが起こりやすいのか、というと、大きな原因は度重なるシャンプーのようですね。何度もシャンプーをする事で、本当なら自分の肌を守ってくれているはずの皮脂が、一緒に洗い流されてしまい、肌を守ることができなくなってしまうんですね。それで手荒れが起きてしまうわけです。パーマ剤やカラー剤なども原因となり得る事がありますが、アシスタントと呼ばれている初めて美容師の世界に入った人たちが悩まされる手荒れ、というのはほとんどがシャンプーが原因です。もともとアレルギー体質だった、という人もいますが、酷いアレルギー体質の方は、まず美容師を目指す、という選択はよほどの覚悟が無い限りしないと思われます。ですが自分は大丈夫、と思っていた人でも、いざシャンプーの練習やアシスタントとしてシャンプーを担当しているうちに、手荒れに悩まされるようになる人もいます。もっと早い段階で、美容専門学校の時点で手荒れに悩まされ、自分には無理だ、と思う人もいるようです。小岩 美容院